【短期集中講座】リアルタイムゲームエフェクトワークショップ/邑上 貴洋 氏
NovaShaderを使った現場で使える制作技術

参加受付中

満員御礼

受付終了

残席わずか!

参加費:44,000 円(税込)

開催日:2022/10/16(日)、23(日)、11/6(日)10:00 - 19:00

会場:オンライン(Gather Town)

受付は終了しました

  • Facebook
  • twitter

【注意事項】
※オンライン講義の接続方法は受講日の2営業日前までにご登録いただいたメールアドレスへお送りいたします
※注文完了メールが届いていない方は「迷惑メールフォルダ」もご確認ください。Gmailの場合はプロモーションタブに振り分けられる場合もございます
※システムの都合上、携帯キャリアのメールアドレスへの配信ができない場合がございます。(GmailやYahooなどのメールアドレスでのご登録をお願いいたします)
※領収書が必要な方はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。PDFにて発行しお送り致します。(お問い合わせの際は領収書に記載する「宛名」をご記入ください)
※本ワークショップはGather Townを使用します。カメラは必須ではありませんが、よりコミュニケーションの精度を高めるためカメラありでの受講を推奨します
※個別レビューなどでは画面共有の機能を利用します。受講環境については各自で整えていただけますようお願い致します

本講座はUnityを使用したオンラインのワークショップです。ワークショップで必要な機材及びソフトウェアは各自準備をお願い致します

講義の詳細

3日間で『現場で使えるエフェクト』の作り方を学べるコースです。

エフェクトの基本であるUnity ParticleSystemと多機能Shaderの「NovaShader」を組み合わせて、リアリティのある表現を実現していきます。

まず、炎、氷、雷などの属性表現を学び、オリジナルな魔法陣をループエフェクトで制作していきます。
メッシュとShaderの組み合わせを感覚で掴めるように進めていきます。

最後にオリジナル波動砲を制作します。
最初にリファレンス集め、コンテ、ラフを制作し、起承転結の構成を整え、クオリティの高い表現を目指します。


■「NovaShader」関連記事
サイバーエージェントがOSSで公開した多機能シェーダ「NOVA Shader」はいかにして開発されたのか? 開発者とエフェクトアーティストらが語る
https://cgworld.jp/article/202206-nova-shader.html

■「NovaShader」(GitHub)
https://github.com/CyberAgentGameEntertainment/NovaShader

カリキュラム

【1日目】
■エフェクト制作技法・表現概論
光と色のコントロール
パーティクルシステムの理解・(属性表現)

■NovaShaderのコントロール
メッシュを使ったディストーション等の制御
ループエフェクト「ファイアーボール」制作・FB

■ループエフェクトラフ
オリジナル魔法陣制作(リファレンス、コンテ、ラフ)

【2日目】
■ループエフェクトラフ本制作
ラフチェック、FB
オリジナル魔法陣本制作(ParticleSystem,NovaShader)

■ワンショットエフェクト
緩急の理解,アニメーションの法則
Dissolve,Grabpassなど高度なShaderの応用

■ワンショットエフェクトラフ
起承転結について
オリジナル波動砲制作(リファレンス、コンテ、ラフ)

【3日目】
■ワンショットエフェクト本制作
ラフチェック、FB
オリジナル波動砲本制作(Timeline,Postprosess,CameraShake)

■ワンショットエフェクト本制作
FB・ブラッシュアップ

講師の紹介

チーフエフェクトアーティスト
邑上 貴洋 氏

2013年にサイバーエージェントグループの株式会社アプリボットに中途入社、2Dアニメーションチームリーダーを務める。2015年から3Dのプロジェクトが立ち上がり、3Dエフェクト制作を開始し、「BLADE XLORD」「NieR Re[in]carnation」や、「FF7EverCrysis」のエフェクト仕様策定からテイスト制作に携わっている。

また、東京デザインテクノロジーセンター専門学校、デジタルハリウッドにてゲームエフェクト講師にも従事。

Ugokashiya:https://vimeo.com/user30790369

対象者

Unityに理解がある方
※ソフトウェアの基礎解説はありませんのでご注意ください

開催概要

  • 開催日時
  • 2022年10月16日(日)、23日(日)、11月6日(日) 10:00-19:00
  • 講義時間
  • 27時間 ※休憩も含みます
  • 定員
  • 20名(先着順)
  • 講座スタイル
  • ハンズオン
    ※講義に必要なPC及びソフトウェアなどは各自で準備をお願い致します
    ※必須ソフト:Unity(オリジナルのテクスチャやメッシュを作成したい方はPhotoshoやMaya(Blender等)などのソフトを各自ご用意ください)
    ※Photoshop、Maya以外のソフトはサポートできない場合がありますので予めご了承ください
  • 開催場所
  • オンライン(Gather Town)
    ※ビデオ会議などオンライン通話が可能な環境にてご参加ください
  • 価格
  • 40,000円(税抜)

注意事項

※オンライン講義の接続方法は受講日の2営業日前までにご登録いただいたメールアドレスへお送りいたします
※注文完了メールが届いていない方は「迷惑メールフォルダ」もご確認ください。Gmailの場合はプロモーションタブに振り分けられる場合もございます
※システムの都合上、携帯キャリアのメールアドレスへの配信ができない場合がございます。(GmailやYahooなどのメールアドレスでのご登録をお願いいたします)
※領収書が必要な方はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。PDFにて発行しお送り致します。(お問い合わせの際は領収書に記載する「宛名」をご記入ください)
※本ワークショップはGather Townを使用します。カメラは必須ではありませんが、よりコミュニケーションの精度を高めるためカメラありでの受講を推奨します
※個別レビューなどでは画面共有の機能を利用します。受講環境については各自で整えていただけますようお願い致します

参加受付中の講座