ZBrushリアルフィギュア造形実践講座/吉本 大輝 氏
リアルなフィギュア造形に必要な「構図」「モデリング」「出力」の実践的な造形プロセスを解説

参加受付中

満員御礼

受付終了

残席わずか!

参加費:10,800 円(税込)

開催日:2019/8/4(日)14:00 - 17:00

会場:ボーンデジタルセミナールーム(東京都千代田区九段南1-5-5)

  • Facebook
  • twitter

【注意事項】
※受講票は受講日の2営業前までにご登録いただいたメールアドレスへお送りいたします
※受講票の送付はございませんので、当日は受講票を印刷、もしくは画面を受付にてご提示ください
※システムの都合上、決済する際に配送先を指定する必要がございます
※注文完了メール、受講票などが届いていない方は「迷惑メールフォルダ」もご確認ください
※システムの都合上、携帯キャリアのメールアドレスへの配信ができない場合がございます。(GmailやYahooなどのメールアドレスでのご登録をお願いいたします)

本講座はライブ配信での受講も可能です。ライブ配信を希望される方は以下よりお申し込みください
ライブ配信詳細

講義の詳細

2D素材を3D化するには「構図」、「モデリング」、「出力」の3つのプロセスを経ます。このプロセスは密接に関係しており、部分的なテクニックだけでは良いフィギュアにはなりません。それぞれのプロセスがバランスよく組み合わされて初めて魅力的なフィギュアになります。

今回は商業レベルの造形を目指す方または同等のスキルを身につけたい方を対象に、テクニックだけではなく商業造形プロセスの実践的なノウハウを解説します。
「構図」では作品の良し悪しを左右する素材のポーズ決めを、「モデリング」ではZBrush造形の最大の武器であるハイポリゴンでのスカルプトに焦点をあて、テクスチャやマテリアルに頼らないモデリングテクニックを、「出力」では3Dプリンターでの出力を想定した分割やワークフローを解説します。

また今回は、光硬化型3Dプリンター『Hunter』を取り扱う代理店(株)NSS様をゲストとしてお招きし3Dプリンターの運用についての最新情報や、最新のフルカラー3Dプリンターの動向も解説します。
この機会にぜひ造形テクニック、ノウハウを習得しましょう。

※受講者特典として限定クーポンをNSS様から提供いただき、受講者に配布いたします

3Dプリンター『Hunter』の詳細:https://nssngt.com/products/39/

『Dying Bull』 フルカラー3Dプリンター 協力:株式会社ミマキエンジニアリングホタルコーポレーション

『葛飾北斎 八方睨み鳳凰図3D』 フルカラー3Dプリンター 協力:株式会社ミマキエンジニアリングホタルコーポレーション

関連記事:葛飾北斎の天井絵を立体化! 名画と最新技術の融合作品『八方睨み鳳凰図3D』(cgworld.jp)

講師の紹介

原型師/モデラー/デザイナー/講師
吉本 大輝 氏

京都造形芸大油画卒/油絵で培った描写力でリアルなスケールフィギュアを得意とする商業原型師。美少女からメカ、絵画の立体化まで幅広くこなす。大学在学時に「造形・デザイン事務所 吉本アートファクトリー」を設立。2018年からウルトラモデラーズメンバーとして東京、大阪での作品展覧会を開催。セミナー講師としてもイベント等で活動している。商業以外にも「葛飾北斎 八方睨み鳳凰図3D」(CGWORLD/2018 12月号に掲載)、「Dying_Bull」 などの作品がある。

カリキュラム

【スキルアップ】構図とポーズ決め

フイギュア造形の最初のステップである、構図とポーズ決めのプロセスを解説します。
7割は構図で決まる!絵画と同様に立体作品の良し悪しに大きく影響するのが全体の構図とポーズ決めです。絵画において構図決めのポイントとなる『見せ場』や、『にがし』の技術をフィギュア造形に応用した、絵画仕込みのノウハウを伝授します。ポーズ決めではZBrush内のマネキンを使用してデッサン的にも説得力のある素体の作り方を解説します。

【スキルアップ】説得力のあるモデリング

ZBrushのワークフローをご紹介しながら実演形式でモデリングのプロセスを解説します。
造形の際ポイントを押さえていなければ説得力のあるフィギュアにはなりません。リアリティーを追求するために、前半は顔のモデリングを中心に様々なブラシ、機能、設定を紹介しながらスカルプトによるモデリングの過程を解説します。後半は体や服、小物を中心にモデリングのポイントをハイライト形式で紹介しながら一連のノウハウを伝授します。

【スキルアップ】出力に耐えられるデータ作り

3Dプリンターのデータ作成の留意点を含めた出力プロセスを解説します。
フィギュアを完成させるのに避けて通れないのが出力です。3Dプリンターで出力することを前提にデータを準備しておかなければ、せっかく作ったモデリングの良さを100%引き出すことはできません。前半は出力を意識したモデリングから、データの分割方法、色付けまで、3Dプリンターの特性を踏まえた出力プロセスのノウハウを伝授します。後半は光硬化型3Dプリンター『Hunter』を知り尽くした、代理店の(株)NSS様をゲストとしてお迎えしサポート立てや設定まで、普段目に触れる機会の少ない出力現場の情報を紹介します。

対象者

・デジタル造形(フィギュア造形)に興味がある方(ZBrushの経験が1年以上の方)
※ZBrushの基本的な機能解説はありませんのでご注意ください

開催概要

  • 開催日時
  • 2019年8月4日(日) 14:00 - 17:00(13:30開場)
  • 講義時間
  • 180分 ※休憩も含みます
  • 定員
  • 45人
  • ソフトウェア
  • ZBrush
  • 講座スタイル
  • 講義
    ※ハンズオンではございません
  • 受講者特典
  • 3DプリンターHunter限定クーポン(提供:株式会社NSS)
  • アーカイブ映像の配信
  • あり
  • 開催場所
  • ボーンデジタルセミナールーム(地図を見る
  • 価格
  • 10,000円(税抜)

参加受付中の講座