実写VFXアニメーション講座/小山 誠 氏
Mayaを使用した実写アニメーションの手法を紹介

参加受付中

満員御礼

受付終了

残席わずか!

参加費:10,800 円(税込)

開催日:2019/7/5(金)19:00 - 22:00

会場:東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro 8階(株式会社アカツキ)

  • Facebook
  • twitter

【注意事項】
※受講票は受講日の2営業前までにご登録いただいたメールアドレスへお送りいたします
※受講票の送付はございませんので、当日は受講票を印刷、もしくは画面を受付にてご提示ください
※システムの都合上、決済する際に配送先を指定する必要がございます
※注文完了メール、受講票などが届いていない方は「迷惑メールフォルダ」もご確認ください
※システムの都合上、携帯キャリアのメールアドレスへの配信ができない場合がございます。(GmailやYahooなどのメールアドレスでのご登録をお願いいたします)
※領収書が必要な方はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。当日受付にてお渡しします。(お問い合わせの際は「宛名」をご記入ください)

講義の詳細

VFXアニメーションでは、フォトリアルなCGキャラクターを実写撮影された役者やカメラワークの動きに自然に合わせるかが重要です。制限のある実写素材の中でどのようにキャラクターを動かし、いかに生命を与えらるかを過去に関わった作品の話を交えながら解説します。

後半では実際に実写素材を使ったアニメーションのデモンストレーションを、実技形式のサンプルムービーを見ながら説明します。

『The Jungle Book 』『The BFG』 ©Disney. All Rights Reserved.

講師の紹介

シニアキャラクターアニメーター
小山 誠 氏

大阪府出身。1991年、19歳の時にカリフォルニア州に移住。建築設計士の仕事をする傍ら27歳の時にデジタルハリウッドのサンタモニカ校(dhima)へ入学。 卒業後、2002年にロスアンゼルスにあるBlur Studioでキャリアをスタートし、ゲームシネマティック、TVコマーシャル、ライドフィルム等にジェネラリストとして参加。 2006年にサンフランシスコのIndustrial Light & Magicに移籍し「トランスフォーマー」「アイアンマン」等の実写映画作品にアニメーターとして携わる。 2010年、ニュージーランドのWeta Digitalへ移籍し「ホビット」「サルの惑星」「ジャングル・ブック」などの作品に携わった後、2016年からバンクーバーに移り現在はDNEGに所属。これまでに参加したハリウッド映画は大小含めて40作品に上る。

Makoto Koyama - Animation Demo Reel 2016

カリキュラム

VFXアニメーションのワークフロー

シーンファイルが大きくなりがちなVFXアニメーションの環境で、いかにストレスを減らしながら効率よく作業する方法を紹介します。現場で培った経験を元に普段から使用しているシーンセットアップの手法やMayaの設定の紹介をします。

イメージベースドモーションキャプチャー

近年、ハリウッド作品では実際の役者を現場で撮影し、後に役者をCGキャラクターに置き換える手法が多様されています。VFXアニメーションでは撮影された2次元の動画からフォトリアルな3次元の動きへとトレースする必要があるのですが、完璧な動きを再現する上で必要な注意点やテクニックを解説していきます。

役者の演技に合わせたアニメーション

実写素材の役者とCGキャラクターとを演技する場合に必ず抑えないといけないポイント、注意しないといけない点をデモンストレーションを通してお話しします。

対象者

・CMや映画における実写VFXアニメーションに興味のある方
・アニメーターとしての実務経験が1年〜3年程度ある方

開催概要

  • 開催日
  • 2019年7月5日(金)19:00-22:00(18:00開場)
  • 講義時間
  • 180分 ※休憩も含みます
  • 定員
  • 70人
  • 講座スタイル
  • 講義
    ※ハンズオンではございません
  • データ配布
  • なし
  • アーカイブ映像の配信
  • なし
  • 開催場所
  • 東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro 8階(株式会社アカツキ)(地図を見る)
  • 価格
  • 10,000円(税抜)

参加受付中の講座