映画におけるキャラクターライティング講座/多田 学 氏
印象に残るライティングテクニックとショットメイキング

参加受付中

満員御礼

受付終了

残席わずか!

参加費:10,800 円(税込)

開催日:2019/5/13(月)19:00 - 22:00

会場:東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro 8階(株式会社アカツキ)

受付は終了しました

  • Facebook
  • twitter

【注意事項】
※受講票は受講日の2営業前までにご登録いただいたメールアドレスへお送りいたします
※受講票の送付はございませんので、当日は受講票を印刷、もしくは画面を受付にてご提示ください
※システムの都合上、決済する際に配送先を指定する必要がございます
※注文完了メール、受講票などが届いていない方は「迷惑メールフォルダ」もご確認ください
※システムの都合上、携帯キャリアのメールアドレスへの配信ができない場合がございます。(GmailやYahooなどのメールアドレスでのご登録をお願いいたします)
※領収書が必要な方はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。当日受付にてお渡しします。(お問い合わせの際は「宛名」をご記入ください)

講義の詳細

猿の惑星やアバター、ホビットなどの私が実際に制作に携わった作品を例に、ハリウッド映画などで用いられる「印象に残るライティング」テクニックについて解説します。
また、実際のツールによるデモンストレーションを通して効率的なライティング手法についても解説します。

ピーター・ジャクソン、ジェームス・キャメロン、WETAのジョー・レッテリの制作に対するこだわりや姿勢、作品を納品するまでのダイナミックなプロダクションの制作過程、高品質な映像づくりを理解することでライティングの真髄を垣間見ることができます。

※本講座は2018年3月に開催された講座と一部内容が重なる部分がございますので予めご了承ください

『アバター』 ©2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』  ©2011 Twentieth Century Fox. All rights reserved.

『ホビット 決戦のゆくえ』  ©2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.

講師の紹介

テクニカルディレクター
多田 学 氏

広島出身、大学卒業後1997年よりLAのデジタルドメインに就職、FXやライティングアーティストとしてアイロボットやスタートレックなどの大作に従事し、2004年よりニュージーランドのWETAへ転職、ライティングをメインにキングコング、アバター、猿の惑星3部作、ホビット、モータルエンジンなどの作品に参加。2018年よりカナダILMにてキャプテンマーベルなどを制作。現在フリーとして制作活動、学生の作品制作のサポートをしている。
www.gakutada.com

カリキュラム

フォトリアルなライティングテクニック

私が携わった作品のショットを参考に、MAYAとNUKEを使い、HDRIを利用したライティングでキャラクターを効果的にリアルに見せ、ショットにあった演出を作り出す方法を解説します。また、フォトリアルライティングと実写合成のテクニックのプロセスを実演します。

プロダクションの制作過程、アバターや猿の惑星、ホビットなどのメイキング

大規模な映画制作のプロダクションパイプラインの概要、その中におけるライティングの位置づけと役割を解説します。実際の映画でのショットの制作過程や監督とのエピソードなども交えてお話します。また、著名な撮影監督の照明技術についても解説します。

対象者

フォトリアルなキャラクターのライティング手法を学びたい方
※MayaやNukeなどのソフトの基礎的な使用方法の解説はございません

開催概要

  • 開催日
  • 2019年5月13日(月)19:00-22:00(18:00開場)
  • 講義時間
  • 180分 ※休憩も含みます
  • 定員
  • 70人
  • 講座スタイル
  • 講義
    ※ハンズオンではございません
  • データ配布
  • なし
  • アーカイブ映像の配信
  • なし
  • 開催場所
  • 東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro 8階(株式会社アカツキ)(地図を見る)
  • 価格
  • 10,000円(税抜)

参加受付中の講座