デザインベースのエフェクト講座/成田 裕明 氏
デザインコンセプトとHoudiniを使用した実用法

参加受付中

満員御礼

受付終了

残席わずか!

参加費:7,560 円(税込)

開催日:2018/12/20(木)18:00 - 20:00

会場:株式会社コロプラ(東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイスタワー11階)

  • Facebook
  • twitter

【注意事項】
※受講票は受講日の2営業前までにご登録いただいたメールアドレスへお送りいたします
※受講票の送付はございませんので、当日は受講票を印刷、もしくは画面を受付にてご提示ください
※システムの都合上、決済する際に配送先を指定する必要がございます
※注文完了メール、受講票などが届いていない方は「迷惑メールフォルダ」もご確認ください
※システムの都合上、携帯キャリアのメールアドレスへの配信ができない場合がございます。(GmailやYahooなどのメールアドレスでのご登録をお願いいたします)

講義の詳細

本講座では、エフェクトにおけるデザイン性をテーマに、そのコンセプトから実用例までを解説します。
ピクサー・アニメーション・スタジオ最新作「インクレディブル・ファミリー」をはじめ、講師の携わってきた作品のショット映像や体験談を交えながら、それらのエフェクトがどのようにデザインされていったのかをご紹介し、講師がHoudiniをどのように活用しているか等もデモンストレーションしていきます。

※上記画像はイメージとして使用しているため本講座で解説する画像ではございません

近日発売予定

『インクレディブル・ファミリー』

デジタル配信中、MovieNEX 11月21日発売
 発売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン
 ©2018 Disney/Pixar

講師の紹介

テクニカルディレクター・エフェクト
成田 裕明 氏

兵庫県出身。2007年に渡米し、サンフランシスコの美術大学アカデミーオブアートユニバーシティでビジュアルエフェクトを専攻。卒業後、ロサンゼルスにあるエンターテイメント建築デザイン会社にてエフェクトアニメーターとして水や炎の演出のCGを担当。その後、ソニーピクチャーズ・イメージワークスへ移籍し、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」、「アメージング・スパイダーマン2」等の実写映画のVFXに携わる。ディズニー長編アニメーション映画「ベイマックス」からウォルトディズニー・アニメーション・スタジオに加わり、「ズートピア」、「モアナ」などの制作に携わる。2017年にピクサー・アニメーション・スタジオに移籍し、「インクレディブル・ファミリー」に携わる。

カリキュラム

エフェクト作りに欠かせない2つのデザイン性

エフェクト作りにおける2つのデザイン性について、講師の体験談とショット映像を交えて解説していきます

デザインベースのエフェクトの組み立て方

Houdiniを用いたデモンストレーションにより、Houdiniの強みを活かしたデザインベースのエフェクトの実用法をご紹介していきます

対象者

・Houdiniの基礎知識をお持ちの方
・エフェクトアーティストとしての実務経験が1年〜5年程度ある方
・エフェクトアーティストを目指す学生

開催概要

  • 開催日
  • 2018年12月20日(木)
  • 講義時間
  • 120分 ※休憩も含みます
  • 定員
  • 150人
  • ソフトウェア
  • Houdini
  • 講座スタイル
  • 講義
    ※ハンズオンではございません
  • データ配布
  • なし
  • アーカイブ映像の配信
  • なし
  • 開催場所
  • 株式会社コロプラ(東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイスタワー11階)(地図を見る)
  • 価格
  • 7,000円(税抜)

参加受付中の講座