デジタル・イラストレーション・テクニック/イリヤ・クブシノブ 氏
イメージをカタチづくるツールとしてのPhotoshop

参加受付中

満員御礼

受付終了

残席わずか!

参加費:10,800 円(税込)

開催日:2018/12/11(火)18:00 - 21:00

会場:バンダイナムコ未来研究所(東京都港区芝5-37-8)

  • Facebook
  • twitter

【注意事項】
※受講票は受講日の2営業前までにご登録いただいたメールアドレスへお送りいたします
※受講票の送付はございませんので、当日は受講票を印刷、もしくは画面を受付にてご提示ください
※システムの都合上、決済する際に配送先を指定する必要がございます
※注文完了メール、受講票などが届いていない方は「迷惑メールフォルダ」もご確認ください
※システムの都合上、携帯キャリアのメールアドレスへの配信ができない場合がございます。(GmailやYahooなどのメールアドレスでのご登録をお願いいたします)

講義の詳細

コンセプトアートやイラストのディテールを素早く効率的に描くためのPhotoshopのテクニックを解説します。また、Photoshopの技術的な解説だけではなく、どのようにしてクライアントやプロジェクトに合ったイメージを作成し、実際の仕事でどのようにそれらのテクニックを活かしていくかを解説します。

講師の紹介

イラストレーター、コンセプト・アーティスト
イリヤ・クブシノブ 氏

ロシア出身、日本在住のイラストレーター。モスクワの美術学院でデッサンなどを学ぶ。
モスクワのゲーム会社でデジタルイラスト、モーションコミックの監督として働く。
2014年からフリーランスで活動を開始。
第8回国際漫画賞で銅賞を受賞。
2016年に画集『MOMENTARY』(パイ インターナショナル)を発売。
現在は、映画、ゲーム、広告など様々な分野のプロジェクトに携わっている。

カリキュラム

スピードとクオリティを上げるためのテクニック

イラストレーションの考え方、イラスト・プロジェクトの準備段階で採用すべき戦略的で最適なアプローチ、スタイルの決め方とそのスタイルをベストに導いていくための手法、クオリティーをあげつつも効率的に描く実践テクニックなどについて解説します

イラストを3DCG用に描く

イラストを3DCGにした場合にどう見えるのかという仕事が増えていると思います。その時に、2Dであるイラストをどうやって3DCG用のイラストとして仕上げるのか、色や立体感などの要素から実践テクニックを解説します

ツールを最大限に活かす方法

イメージ・クリエイションのテクニック、レンダリング、カラコレ、フィニッシュタッチやエフェクトなどのテクニックを通じて、ツールとしてのPhotoshopを掘り下げていきます。私が使っている実践テクニックなども紹介します

対象者

初心者からプロのアーティストまで、ゲーム、映画、エンタメ業界で働いているアーティスト、またはこれから業界へ就職する学生

開催概要

  • 開催日
  • 2018年12月11日(火) 18:00 - 21:00(17:00開場)
  • 講義時間
  • 180分 ※休憩も含みます
  • 定員
  • 220席
  • 講座スタイル
  • 講義
    ※ハンズオンではございません
  • ソフトウェア
  • Photoshop
  • データ配布
  • あり
  • アーカイブ映像の配信
  • なし
  • 価格
  • 10,000円(税抜)

参加受付中の講座