トンコハウス流キャラクター・アニメーション講座/中村 俊博 氏
キャラクターをもっと魅力的に見せる方法

参加受付中

満員御礼

受付終了

残席わずか!

参加費:10,800 円(税込)

開催日:2018/8/21(火)19:00 - 22:00

会場:株式会社アカツキ(東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro 8階)

受付は終了しました

  • Facebook
  • twitter

【注意事項】
※受講票は受講日の2営業前までにご登録いただいたメールアドレスへお送りいたします
※受講票の送付はございませんので、当日は受講票を印刷、もしくは画面を受付にてご提示ください
※システムの都合上、決済する際に配送先を指定する必要がございます
※注文完了メール、受講票などが届いていない方は「迷惑メールフォルダ」もご確認ください
※システムの都合上、携帯キャリアのメールアドレスへの配信ができない場合がございます。(GmailやYahooなどのメールアドレスでのご登録をお願いいたします)

講義の詳細

本講座では、トンコハウスで養ったデザインスキル、キャラクターアニメーションの哲学を、どのようにアニメーション制作に取り入れているかを解説します。また、2Dアニメーション、ジェスチャードローイングはどのように3Dアニメーションに応用できるか、ポージングなどドローオーバーを交えて解説していきます。
堤大介やロバート・コンドウが伝えるキャラクターを魅力的に見せるデザインや構図の考え方、キャラクターを深く知って演技に生かすエリック・オーのアプローチなど、制作作業を通じて直に学んだ哲学と実践を紹介します。また、少しだけですがおまけとして、海外留学や就職、ライフスタイルなど、アメリカのアニメーション業界の現在も紹介します。

講師の紹介

アニメーター
中村 俊博 氏

福岡県出身。6年間日本でTVCM、映画などに関わる。2010年に渡米、サンフランシスコの美大、アカデミー・オブ・アート在学中に短編映画「ダムキーパー」に参加。卒業後はTwitter,Googleのコマーシャルを手がけた後、ソニーコンピュータエンターテインメントアメリカにアニメーターのインターンとして働く。現在はトンコハウスに所属。3Dアニメーターとして短編映画「ムーム」に参加。「丘の上のダムキーパー」では2Dアニメーターとして参加している。

カリキュラム

デザインとアニメーションプロセス

キャラクターのデザイン、ポージングなどを、どのようにアニメーションに生かすかをドローオーバーしながら解説します。また、実際の3Dアニメーションテストを見せながら、そのアニメーションプロセスを紹介します。ショットの考え方、サムネイル、ラフ2Dアニメーションをどう3Dアニメーションに落とし込むかをTVPaintでアニメーションデモを通し、解説していきます。

対象者

・3Dアニメーターを目指している学生
・映画(ハリウッドでも日本国内でも)のアニメーションの仕事につきたい方
・ピクサーなど海外のスタジオの映画作りに興味がある方

開催概要

  • 開催日時
  • 2018年8月21日(火) 19:00〜22:00(18:00開場)
  • 講義時間
  • 180分 ※休憩も含みます
  • 定員
  • 70名
  • ソフトウェア
  • TVPaint
  • 講座スタイル
  • 講義
    ※ハンズオンではございません
  • データ配布
  • あり
    ※デモンストレーションのデータ
  • アーカイブ映像の配信
  • なし
  • 価格
  • 10,000円(税抜)

参加受付中の講座