トンコハウス流 気持ちを伝えるコンセプトアート/堤大介氏
堤大介が絵を描く上で本当に大切にしていること

参加受付中

満員御礼

受付終了

残席わずか!

参加費:12,960 円(税込)

開催日:2018/8/2(木)18:00 - 21:00

会場:バンダイナムコ未来研究所(東京都港区芝5-37-8)

受付は終了しました

  • Facebook
  • twitter

【注意事項】
※受講票は受講日の2営業前までにご登録いただいたメールアドレスへお送りいたします
※受講票の送付はございませんので、当日は受講票を印刷、もしくは画面を受付にてご提示ください
※システムの都合上、決済する際に配送先を指定する必要がございます
※注文完了メール、受講票などが届いていない方は「迷惑メールフォルダ」もご確認ください
※システムの都合上、携帯キャリアのメールアドレスへの配信ができない場合がございます。(GmailやYahooなどのメールアドレスでのご登録をお願いいたします)

講義の詳細

ピクサーのアートディレクターとしてトイストーリー3、モンスターズユニバーシティ、リメンバーミーのコンセプトアートを手がけてきた堤大介が、気持ちを伝える絵の描き方を、デモを中心に 絵を描く上で本当に大切にしていることを伝授します。
ハリウッドのトップスタジオで絵を描き続けてきた堤が、講義、デモ、そして質疑応答にて、できるだけ具体的に技をお見せします。

講師の紹介

アートディレクター/アニメーション監督
堤 大介 氏

東京都出身。スクール・オブ・ビジュアル・アーツ卒業。Lucas Learning、Blue Sky Studioなどで『アイスエイジ』や『ロボッツ』などのコンセプトアートを担当。2007年ピクサー入社。アートディレクターとして『トイ・ストーリー3』や『モンスターズ・ユニバーシティ』などを手がけている。2014年7月ピクサーを去り、トンコハウスを設立した。71人のアーティストが一冊のスケッチブックに絵を描いて、世界中に回したプロジェクト『スケッチトラベル』の発案者でもある。

カリキュラム

気持ちを伝える絵の描き方

気持ちを伝える絵の描き方のデモンストレーションと質疑応答

対象者

・Photoshopの機能を習得している方
・映画(ハリウッドでも日本国内でも)のコンセプトアートの仕事につきたい方
・ピクサーなどの海外のスタジオの映画作りに興味がある方

開催概要

  • 開催日時
  • 2018年8月2日(木) 18:00〜21:00(17:00開場)
  • 講義時間
  • 180分 ※休憩も含みます
  • 定員
  • 220名
  • ソフトウェア
  • Photoshop
  • 講座スタイル
  • 講義
    ※ハンズオンではございません
  • データ配布
  • あり
    ※トンコハウスオリジナルブラシ+当日の実演データ
  • アーカイブ映像の配信
  • なし
  • 価格
  • 12,000円(税抜)

参加受付中の講座