ハリウッド流ルックデベロップメント講座/折笠 彰 氏
ハードサーフェス編

参加受付中

満員御礼

受付終了

残席わずか!

参加費:10,800 円(税込)

開催日:2018/7/24(火)19:00 - 22:00

会場:東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro 8階(株式会社アカツキ)

受付は終了しました

  • Facebook
  • twitter

【注意事項】
※受講票は受講日の2営業前までにご登録いただいたメールアドレスへお送りいたします
※受講票の送付はございませんので、当日は受講票を印刷、もしくは画面を受付にてご提示ください
※システムの都合上、決済する際に配送先を指定する必要がございます
※注文完了メール、受講票などが届いていない方は「迷惑メールフォルダ」もご確認ください
※システムの都合上、携帯キャリアのメールアドレスへの配信ができない場合がございます。(GmailやYahooなどのメールアドレスでのご登録をお願いいたします)

講義の詳細

ルックデベロップメントは物事の「ルック=見た目」を開発する工程を意味します。

CG制作の場ではモデリングやテクスチャ制作者と連携を取ってアセットの最終的な質感を開発・定義し、ルックデベロップメントが完成した後もアニメーション、ライティング、コンポジティングとも連携を取り続けてアセットがショット内で問題なく機能する様に管理する、CG制作の場では中心的な役割を果たします。

本講座では、その役割をハードサーフェイスのアセットに焦点を置いて紹介します。映画「ローグ・ワン」で使われたアセットがどのようにつくられたのかを解説します。また、現在制作中のプロジェクト「Is This Heaven」のアセットを例題に、如何にCGアセットをフォトリアルに見せるかを解説します。3DCGのソフトウェアに関係なく、すぐにでも使えるノウハウを学んで頂くことができるかと思います。

「Rogue One」のアセットのルックデベロップメント工程を紹介

「Is This Heaven」のアセットを例題にルックデベロップメントのコツを伝授

講師の紹介

Industrial Light & Magic(Lookdev Supervisor / Lead Technical Director)
折笠 彰 氏

ILM(インダストリアル・ライト&マジック)で働く事を夢見て1995年に単身渡米。カリフォルニア州立大卒業後にVFX業界で働きはじめ20年が経つ。今年ILM勤務10周年を迎えた。ルックデブ・スーパーバイザーやリード・テクニカルディレクターとして映画「スターウォーズ」シリーズや「アベンジャーズ」シリーズなどの製作に携わっている。2017年には映画「ローグ・ワン」のスターデストロイヤーやK2SOのルックデベロップメントを担当し、VESアワードにてOutstanding Models in Photoreal or Animated Project部門にノミネートされた。

https://www.imdb.com/name/nm1018649/

AkiraOrikasa ShowReel 2017

カリキュラム

ルックデベロップメントとは?

ルックデベロップメントとは何か?を解説します。
ルックデベロップメントの基礎となる環境作りを、映画「ローグ・ワン」のアセットを実例に解説します。
 
・HDRIキャプチャー
・ターンテーブルの設定と種類
・マテリアルの観察

ルックデベロップメント

ルックデベロップメントの工程、CGのアセットをフォトリアルに見せる為のコツを「Is This Heaven」のアセットを元に解説します。

・マテリアル調整
・アセットライトの設定
・AOV設定
・バリエーション設定

ライティング

完成したアセットを如何にフォトリアルにライティングするかノウハウを解説。スターデストロイヤーのライティング秘話など、ハリウッド映画の制作経験談も含めて解説します。

対象者

Maya、Nukeの機能及び操作がわかる方

開催概要

  • 開催日時
  • 2018年7月24日(火) 19:00〜22:00(18:00開場)
  • 講義時間
  • 180分 ※休憩も含みます
  • 定員
  • 70人
  • 講座スタイル
  • 講義
    ※ハンズオンではございません
  • ソフトウェア
  • Maya、Nuke
  • データ配布
  • なし
    ※講義で使用するPDFの資料は配布あり
  • 映像配信
  • なし
  • 価格
  • 10,000円(税抜)

参加受付中の講座