CGWORLD 2018年5月号 vol.237

第1特集
わいわいバーチャルYouTuber

第2特集
デジタル作画最前線

判型:A4ワイド

総ページ数:144

発売日:2018年4月10日

価格:1,512 (税込)

数量:

品切れ

第1特集
わいわいバーチャルYouTuber

いまやその数は1,000を超えるというバーチャルYouTuber。CGによる映像・ゲームとはまた異なるところから湧き上がる魅力が、多くの視聴者の心を捉えていました。そしてデジタルツールの隆盛は観る楽しみだけでなく、“なる”楽しみすらも提示します。2018年は、バーチャルなキャラクターが現実に息づいてゆく歴史の新たな1ページとなることでしょう。

  • CASE1 #電脳少女シロ #ばあちゃる #Unity
  • CASE2 #ウマ娘 #ゴールドシップ #Unity
  • CAPTURE SYSTEM #CAPTUREROID #テトラ #Unity
  • CASE3 #雪猫カゥル #生CG劇場 #Unity
  • TUTORIAL #UE4 #Oculus #Grayちゃん
  • INTERVIEW #東雲めぐ #AniCast #Oculus
CASE1 #電脳少女シロ #ばあちゃる #Unity

動画投稿のみならず、VR配信、ダンス、定期的なモデル更新とアプリ開発会社ならではの多角的な展開が光る「面白そうなことはなんでもやる」大人気VTuberの一翼が電脳少女シロです。

INTERVIEW #東雲めぐ #AniCast #Oculus

“バーチャルSHOWROOMER”として活動中の「東雲めぐ(しののめ・めぐ)」。彼女をはじめ、バーチャルYouTuber(VTuber)の現状と未来へのビジョンをVRエバンジェリストのGOROman氏を中心に、開発関係者に聞きました。

第2特集
デジタル作画最前線

近年、アニメ業界では作画のデジタル化が急速に進んでいる。これまでは紙と鉛筆からPCとタブレットへの移行を中心にお伝えしてきたが、本特集ではさらに踏み込んで、Blenderを用いた3D 空間への作画や、CACANiによる動画の自動中割り&自動彩色など、一歩進んだデジタル化への取り組みを紹介したい。さらに後半では、デジタル作画ツールの特徴を各メーカーのスタッフに語っていただいた。

  • CASE01 3D空間に作画する!? エクスペリメントラボ(仮)×Blender
  • CASE02 作画の自動化はここまできた! デイヴィッドプロダクション×CACANi
  • TOOL01 CACANi
  • TOOL02 CLIP STUDIO PAINT
  • TOOL03 TVPaint Animation
  • TOOL04 Toon Boom Storyboard Pro&Harmony
CASE01 3D空間に作画する!? エクスペリメントラボ(仮)×Blender

今年2月に結成したばかりの新進気鋭のチーム エクスペリメントラボ(仮)が提案する、これまでの常識を打ち破るBlenderを用いた制作スタイルに迫る。

CASE02 作画の自動化はここまできた! デイヴィッドプロダクション×CACANi

デジタル化を進めるデイヴィッドプロダクションによる、作画の動画・仕上げ工程の自動化機能を有するCACANiの使用事例を、TVアニメ『キャプテン翼』を例に紹介する。

特別企画&連載記事

HOT STUFF
  • デザイナー・大久保淳二氏のキャラ&メカデザインテクニック
    TVアニメ『オーバーロード供戞オリジナルプロジェクト『出雲重機』
  • UnityによるリアルタイムCGを活用 アクションRPG『メガスマッシュ』PV
デザイナー・大久保淳二氏のキャラ&メカデザインテクニック
TVアニメ『オーバーロード供戞オリジナルプロジェクト『出雲重機』

ゲームやアニメのキャラクター&メカデザインで活躍している大久保淳二氏。今回はTVアニメ『オーバーロード供戮肇リジナルプロジェクトの『出雲重機』を例に、Shade3Dを活用しているというデザイン工程を取材した。

SERIAL
  • Game Graphics Studio
  • アニメCGの現場
  • VFXアナトミー
  • デジタル造形ノート
  • Observant Eye
  • ModelingCafe ART コンセプトアート講座
  • 画龍点晴
  • アニメーションスタイル
Game Graphics Studio

『真・三國無双8』
「真・三國無双」シリーズの最新作がついに登場。一騎当千の“無双アクション”がさらに多彩になったほか、オープンワールドの採用も大きな話題を呼んでいる。今回は多数のキャラクターや広大なマップがいかにして制作されたのかを取材した。

アニメCGの現場

『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』
『超時空要塞マクロス』から連なる大人気シリーズ『マクロス』の最新作である本作の制作を主導したのはサテライト。劇場版の制作にあたり、新体制で挑んだ。本作はCGと作画のハイブリッドであるが、シリーズの重要な柱と言える「歌」と「戦闘」のシーンではCGがふんだんに用いられている。LIVEシーンでは新たにフル3Dを採用し、制作はジェットスタジオが担当した。

VFXアナトミー

木ドラ25『モブサイコ100』
『モブサイコ100』は、『ワンパンマン』でも知られるONE氏の人気漫画を原作とした実写ドラマ作品である。テレビ東京とNetflixがタッグを組み、世界配信を視野に入れたこれまでになかった革新的な深夜ドラマをつくることをコンセプトに掲げる「木ドラ25」シリーズの第4弾として、今年1月18日から全12話が放送された。そんな本作のVFXをリードしたのが、東映 ツークン研究所だ。

デジタル造形ノート

キズナアイ(1/7 スケールフィギュア)
飛ぶ鳥を落とす勢いのバーチャルYouTuber業界において四天王の中で“親分”と呼ばれる人気キャラクターがキズナアイだ。そのスケールフィギュア化の製作指揮を執るストロンガーとデジタル原型制作を一手に担うイクリエに詳しく話を聞いた。

第1特集
わいわいバーチャルYouTuber

  • CASE1 #電脳少女シロ #ばあちゃる #Unity
  • CASE2 #ウマ娘 #ゴールドシップ #Unity
  • CAPTURE SYSTEM #CAPTUREROID #テトラ #Unity
  • CASE3 #雪猫カゥル #生CG劇場 #Unity
  • TUTORIAL #UE4 #Oculus #Grayちゃん
  • INTERVIEW #東雲めぐ #AniCast #Oculus

第2特集
デジタル作画最前線

  • CASE01 3D空間に作画する!? エクスペリメントラボ(仮)×Blender
  • CASE02 作画の自動化はここまできた! デイヴィッドプロダクション×CACANi
  • TOOL01 CACANi
  • TOOL02 CLIP STUDIO PAINT
  • TOOL03 TVPaint Animation
  • TOOL04 Toon Boom Storyboard Pro&Harmony

特別企画&連載記事

HOT STUFF
  • デザイナー・大久保淳二氏のキャラ&メカデザインテクニック
    TVアニメ『オーバーロード供戞オリジナルプロジェクト『出雲重機』
  • UnityによるリアルタイムCGを活用 アクションRPG『メガスマッシュ』PV
SERIAL
  • Game Graphics Studio
    『真・三國無双8』
  • アニメCGの現場
    『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』
  • VFXアナトミー
    木ドラ25『モブサイコ100』
  • デジタル造形ノート
    キズナアイ(1/7 スケールフィギュア)
  • Observant Eye
    麒麟
  • ModelingCafe ART コンセプトアート講座
    スタジアム
  • 画龍点晴
    西川貴教『Bright Burning Shout』MV
  • アニメーションスタイル
    子供らしい喜び方篇(3)
INFORMATION
  • PRODUCTION LOUNGE
  • SPECIAL PRSENT
  • AD INDEX
  • 次号予告
CGWORLD 2018年5月号 vol.237

CGWORLD 2018年5月号 vol.237

1,512 円(税込)

あなたにオススメの商品

最近チェックした商品