クリエイターのための顔の表情・表現講座/片桐 裕司 氏
知って得する人間の顔の分析と理解

開催日:2018/4/5(木)19:00 - 22:00

会場:東京都千代田区九段南1-5-5(ボーンデジタルセミナールーム)

価格:10,800 (税込)

数量:

品切れ

【注意事項】
※受講票は受講日の2営業前までにご登録いただいたメールアドレスへお送りいたします
※受講票の送付はございませんので、当日は受講票を印刷、もしくは画面を受付にてご提示ください
※システムの都合上、決済する際に配送先を指定する必要がございます
※注文完了メール、受講票などが届いていない方は「迷惑メールフォルダ」もご確認ください

講義の詳細

見慣れているようで実はあまり理解できていない人間の顔。人種や男女の差異から表情の読み取り方やシワのでき方、そして特定の人物の似せ方に至るまで、解剖学を交えながら、その構造の読み取り方と表現の方法を立体的に解説します。本講座を理解すると、資料などから読み取れる情報量が格段と増え、絵に描くにしても、3Dの制作をするにしても、仕事のスピードが上がり、キャラクターへの応用もやりやすくなります。後半は粘土造形によるデモンストレーションを行いながら解説します。

講師の紹介

彫刻家/キャラクターデザイナー
片桐 裕司 氏

東京生まれ。ハリウッドの映画、テレビのキャラクターデザイナー、特殊メイクアップアーティストとして活躍。
スティーブン・スピルバーグやギレルモ・デル・トロ、サム・ライミなどの著名監督の映画作品に参加。
彼らの映画のキャラクタークリエイションに多大な貢献をしている。

1990年、高校卒業後18歳で渡米。フリーランスで映画、テレビのキャラクター制作に参加。
1999年、世界屈指の工房であるスタン・ウィンストン・スタジオのメインアーティストに就任。
『A.I.』、『ジュラシックパーク3』、『タイムマシーン』、『宇宙戦争』等、数多くの作品に従事。
その後もフリーランスとして様々なクリエイトを続けている。

主な代表作『パシフィック・リム』、『R.I.P.D.』、『マン・オブ・スティール』、『エイリアン対プレデター レクイエム』、『ドラゴンボール エボリューション』、『ウルヴァリン X-Men Zero』、『ダレンシャン』、『グリーンランタン』、『世界侵略: ロサンゼルス決戦』、『ダークフェアリー』、『パイレーツオブカリビアン 生命の泉』、『バトルシップ』、『エルム街の悪夢』『ハンガーゲーム』、『キャビン』など。また、初監督映画”GEHENNA~死の生ける場所”が2016年にアメリカで公開され世界で11のフェスティバルにノミネートされた。

近年、日本において後進を育成するため彫刻セミナーを各地で開催。造形家のみならずCGアーティストを始め様々な分野のクリエイター達に示唆を与え、その参加人数はのべ1,000人を超えている。また著書である『アナトミー・スカルプティング ー片桐裕司 造形テクニックー』は美術書としては異例の7刷のベストセラーとなっている。2017年5月には著書第2弾『アニマルモデリング ー動物造形解剖学』が発売されている。

カリキュラム

顔の基本構造と差異

人間の顔の基本構造と、その立体的な把握。男女、人種間の形の違いを知る。

表情としわとキャラクターへの応用

生き生きとした、リアリティーのある表情をどのように表現するのか?そして資料をどのように読み取るのか?資料の読み取り方から、それを応用した表現の仕方のレクチャー。そして表情によってできるシワの法則と、その表現の仕方を解説します。

雰囲気の捉え方とその重要性

上記の解説を統合して出す雰囲気の重要性と、その表現方法。実在の人物やキャラクターに似せるコツと考え方のレクチャーを行います。

粘土造形のデモンストレーションによる解説

これまでのレクチャーを踏まえて、様々な顔をどのように表現するかを粘土造形のデモをしながら解説します。

対象者

人物の顔、キャラクターに興味のある方

開催概要

  • 開催日時
  • 2018年4月5日(木)19:00〜22:00
  • 講義時間
  • 180分 ※休憩も含みます
  • 定員
  • 50人
  • 講座スタイル
  • 講義
  • 開催場所
  • 東京都千代田区九段南1-5-5(ボーンデジタルセミナールーム)(地図を見る)
  • 価格
  • 10,000円(税抜)
クリエイターのための顔の表情・表現講座/片桐 裕司 氏

クリエイターのための顔の表情・表現講座/片桐 裕司 氏

10,800 円(税込)

あなたにオススメの商品

最近チェックした商品