映画におけるストーリーテリングのためのキャラクターライティング講座/多田 学 氏
ArnoldとNUKEを使用した実践的な画像の作り方

    講座 > ソフト > Nuke > 映画におけるストーリーテリングのためのキャラクターライティング講座/多田 学 氏
    講座 > ソフト > Maya > 映画におけるストーリーテリングのためのキャラクターライティング講座/多田 学 氏
    講座 > テーマ > ライティング > 映画におけるストーリーテリングのためのキャラクターライティング講座/多田 学 氏
    講座 > ソフト > Arnold > 映画におけるストーリーテリングのためのキャラクターライティング講座/多田 学 氏

参加受付中

満員御礼

受付終了

残席わずか!

参加費:10,800 円(税込)

開催日:2018/3/21(水・祝)14:00 - 17:00

会場:東京都千代田区九段南1-5-5(ボーンデジタルセミナールーム)

受付は終了しました

  • Facebook
  • twitter

【注意事項】
※受講票は受講日の2営業前までにご登録いただいたメールアドレスへお送りいたします
※受講票の送付はございませんので、当日は受講票を印刷、もしくは画面を受付にてご提示ください
※システムの都合上、決済する際に配送先を指定する必要がございます
※注文完了メール、受講票などが届いていない方は「迷惑メールフォルダ」もご確認ください

講義の詳細

Arnoldのシェーダー解説を交えた実写合成のためのライティング講座です。
リアルでかつストーリーに沿った印象に残る絵作りを、ハリウッド映画の照明技術を学びつつ実践的にArnoldとNUKEを使用して解説します。

講師の紹介

シニアテクニカルディレクター
多田 学 氏

広島出身、千葉大学卒業後ロサンゼルスのデジタルドメインに就職、3Dジェネラリストとして大作に従事し6年後ニュージーランドのウェタデジタルへ転職。ライティングをメインにキングコング、アバター、猿の惑星3部作、ホビットなどに関わり現在に至る。

カリキュラム

Arnoldの基本からアドバンス的な解説まで

人物の肌や金属のシェーディングルックデブの工程の習得を目指します。リアルにみせるための細かい調整の効率的なワークフローを解説。プロシージャーのシェーディング工程の実践も説明。

実写合成のライティングテクニック

Arnoldのライトツール、デバッギング方法を解説し実写合成のライティングを実践します。またNUKEを使用し印象的にみせる絵作りについても実践をします。

対象者

Arnoldと実写合成に興味のある方

開催概要

  • 開催日時
  • 2018年3月21日(水・祝)14:00〜17:00
  • 講義時間
  • 180分 ※休憩も含みます
  • 定員
  • 45人
  • ソフトウェア
  • Maya、Arnold、NUKE
  • 講座スタイル
  • 講義
    ※ハンズオンではございません
  • 開催場所
  • 東京都千代田区九段南1-5-5(ボーンデジタルセミナールーム)(地図を見る)
  • 価格
  • 10,000円(税抜)
  • 機材協力
  • デル株式会社

参加受付中の講座