アート・オブ・アーロン・ブレイズ in 東京:1日目
アーロン・ブレイズに学ぶ野生動物の描き方とクリーチャーデザイン

参加受付中

満員御礼

受付終了

残席わずか!

参加費:12,960 円(税込)

開催日:2017/6/17(土)14:00 - 17:00

会場:ヒューリックカンファレンス
(東京都台東区浅草橋1-22-16 ヒューリック浅草橋ビル)

URL: http://hulic-hall.com/access/

受付は終了しました

  • Facebook
  • twitter

【注意事項】
※受講票は受講日の2営業前までにご登録いただいたメールアドレスへお送りいたします
※受講票の送付はございませんので、当日は受講票を印刷、もしくは画面を受付にてご提示ください
※システムの都合上、決済する際に配送先を指定する必要がございます
※注文完了メール、受講票などが届いていない方は「迷惑メールフォルダ」もご確認ください

本講座は2日間開催されます。お申し込みは個別のお申し込みになりますのでご注意ください

講義の詳細

野生動物のイラストレーター、クリーチャーデザイナーとしてのこれまでの活動についてお話しします。また、実例や比較解剖学などを交え、動物のイラストの基本について詳しくお話しします。
現実に存在する動物、想像上の動物の両方についてアーロンの手法をはじめから最後までお見せします。



講師の紹介

アニメーター/イラストレーター
アーロン・ブレイズ 氏

アーロン・ブレイズは、野生動物のイラストレーター、アニメーター、監督として30年以上のキャリアを持つベテランです。うち20年間はウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオに在籍。主な参加作品は「ライオン・キング」「美女と野獣」で、「ブラザー・ベア」では監督を務めました。
蓄えてきたアートとイラストに関する知識とテクニックを教えることも、現在情熱を傾けていることの1つです。

カリキュラム

アーロン・ブレイズの野生動物の描き方(1)

これまでの野生動物イラストレーターとしての経験をお話しします。作例をお見せし、作業の工程についても触れます。

アーロン・ブレイズの野生動物の描き方(2)

動物の描き方の基本を説明します。動物のアナトミー(身体構造)について、人間の骨格との比較などを交えてお話しします。

アーロン・ブレイズのクリーチャーデザイン

想像上のクリーチャーをデジタルで描くプロセスをデモでお見せします。

対象者

アニメーション、イラストに興味のあるプロフェッショナル、学生

開催概要

  • 開催日
  • 2017年6月17日(土) 14:00〜17:00
  • 講義時間
  • 180分 ※休憩も含みます
  • 定員
  • 102名
  • 講座スタイル
  • 講義
    ※ハンズオンではありません
  • 使用ソフト
  • Photoshop
  • 開催場所
  • ヒューリックカンファレンス(東京都台東区浅草橋1-22-16 ヒューリック浅草橋ビル)
  • 価格
  • 12,000円(税抜)

グリズリーベアーのチュートリアル

アーロン・ブレイズ氏より「グリズリーベアー」のチュートリアルが届いたので掲載します。



全文ダウンロード

ゾウのチュートリアル

アーロン・ブレイズ氏より「ゾウ」のチュートリアルが届いたので掲載します。













全文ダウンロード

参加受付中の講座