トンコハウスのコンセプトアート学:1日目
(世界観のデザイン編)
-元ピクサーアートディレクターの二人が教える映画デザインの極意-

参加受付中

満員御礼

受付終了

残席わずか!

参加費:12,960 円(税込)

開催日:2017/4/10(月)18:00 - 21:00

会場:都内某所 ※受講票に記載いたします

申し込み締切り日:2017/4/6(木) 23:59

受付は終了しました

  • Facebook
  • twitter
【重要】受講票が届いていないという方はcgwshop@cgworld.jpまでご連絡をお願いします

【注意事項】
※受講票は受講日の2営業前までにご登録いただいたメールアドレスへお送りいたします
※受講票の送付はございませんので、当日は受講票を印刷、もしくは画面を受付にてご提示ください
※システムの都合上、決済する際に配送先を指定する必要がございます

本講座は2日間開催されます。お申し込みは個別のお申し込みになりますのでご注意ください

講義の詳細

講師の二人は『ダム・キーパー』の共同監督として、2015年アカデミー賞の短編アニメーション部門にノミネートされた堤大介とロバート・コンドウ。長年ハリウッドのトップアニメーションスタジオでコンセプトアーティストとして活躍してきた二人は、元ピクサーのアートディレクター。コンドウが世界観を作るセットデザイン担当、堤が光と色彩を担当し、『トイストーリー3』、『モンスターズユニバーシティ』では二人ともアートディレクターとしてタッグを組んだ。

本講義では、講師のコンセプトデザイナーとしての技術を共有するため、できるだけライブデモに時間を割きたいと思います。ライブデモの間にもう一人が解説をし、受講者からの質問を受けたり、ピクサーのデザイナーの心得などを話したりできるようにします。

1日目がコンドウの世界観デザインのライブデモ。
ピクサーで7年間同じアートディレクターとしてタッグを組んで来た堤が解説をします。

2日目は堤の専門とする光と色の演出に焦点を当て、1日目にコンドウが描いたデザインを元に、光と色の演出をつけるデモをします。

ピクサー時代から現在に到るまで10年間、常にコラボをしてきた二人が二日に分けて、フォトショップを使ったデモを中心とした、日本では初めてのワークショップとなります。特に堤がハリウッドのアニメーションの仕事をしてきて一番すごいデザイナーと認めるコンドウのライブデモを、コンドウの手法を熟知した堤が日本語で解説できる機会は本講義が初めてで、映画デザインを目指す人には貴重な経験となると思います。

※2日間お申し込みされる方は講座ごとにお申し込みをお願い致します

講師の紹介

トンコハウス代表
ロバート・コンドウ 氏

南カリフォルニア出身。ロサンジェルス近郊のアートセンター・カレッジ・オブ・デザインを卒業。2006年、憧れていたピクサーでスケッチ・アーティストとして『レミーのおいしいレストラン』の制作に携わる。その後、背景美術監督として『レミーのおいしいレストラン』『トイ・ストーリー3』『モンスターズ・ユニバーシティ』を手がける。2014年7月ピクサーを去り、トンコハウスを設立。新たなチャレンジと冒険の毎日を送っている。

トンコハウス代表
堤 大介 氏

東京都出身。スクール・オブ・ビジュアル・アーツ卒業。Lucas Learning、Blue Sky Studioなどで『アイスエイジ』や『ロボッツ』などのコンセプトアートを担当。2007年ピクサー入社。アートディレクターとして『トイ・ストーリー3』や『モンスターズ・ユニバーシティ』などを手がけている。2014年7月ピクサーを去り、トンコハウスを設立した。71人のアーティストが一冊のスケッチブックに絵を描いて、世界中に回したプロジェクト『スケッチトラベル』の発案者でもある。

対象者

映画(ハリウッドでも日本国内でも)のコンセプトアートの仕事につきたい人、またはピクサーなどの海外のスタジオの映画作りに興味がある人

開催概要

  • 開催日
  • 2017年4月11日(火)
  • 講義時間
  • 180分 ※休憩も含みます
  • 定員
  • 96人→162席
    ※シアター形式
  • 講座スタイル
  • 講義
    ※ハンズオンではございません            
  • 開催場所
  • 都内某所 ※受講票に記載いたします
  • 価格
  • 12,000円(税抜)

参加受付中の講座