OpenGL Insights 日本語版
54名のエンジニアが明かす最先端グラフィックス プログラミング

著者:Patrick Cozzi、Christophe Riccio
ISBN:978-4-86246-201-5
サイズ:B5版(182 × 257 mm)
総頁数:608ページ

価格:14,040 (税込)

数量:

経験豊かな開発者、ハードウェア ベンダー、研究者、教育者からの寄稿を結集し、「OpenGL Insights」はOpenGL、OpenGL ES、WebGL開発者に現場のテクニックを紹介します。

OpenGL APIに対するテクニックに焦点を合わせ、OpenGLの幅と深さを示しています。読者は性能、レンダリング、プロファイリング、フレームワークの設計などに関する実践的なスキルを得られるでしょう。

ソースコード、デモ、その他の素材は本書のWebサイトから入手できます。

発見
1 コンピュータ グラフィックスをシェーダ ベースのOpenGLから教える
2 デプリケーション後のOpenGLに学生を移行させる
3 OpenGL開発者のためのWebGL
4 モバイル アプリのWebGLへの移植
5 GLSLシェーダ インターフェイス
6 テッセレーション シェーダ入門
7 GLSLによる手続き型テクスチャ
8 OpenGLとOpenGL ESに基づくOpenGL SCエミュレーション
9 複数のGPUによるグラフィックスと計算のミックス

レンダリング テクニック
10 GPUテッセレーション:まだカバーすべき地形のLODがある
11 シェーダ ベースの押し出しを使ってアンチエイリアスするボリュームのある直線
12 距離場による2D形状のレンダリング
13 WebGLの効率的なテキスト レンダリング
14 階層化テクスチャ レンダリング パイプライン
15 ボケ レンダリングによる被写界深度
16 影プロクシ

パイプラインを曲げる
17 トランスフォーム フィードバックを使うリアルタイムな物理に基づく変形
18 GPU上の階層深度カリングと境界ボックスの管理
19 階層化レンダリングで大量の影を投じるライト
20 効率的な積層フラグメント バッファ テクニック
21 プログラマブル頂点プル
22 GPUのハードウェア ラスタライザを使ったオクツリーに基づく疎なボクセル化

性能
23 タイル ベースのアーキテクチャでの性能チューニング
24 モバイル vs. デスクトップのOpenGL性能を探る
25 ドライバの呼び出しを減らして性能を改善する
26 複数の頂点配列のインデックス化
27 NVIDIA Quadro上のマルチGPUレンダリング

転送
28 非同期バッファ転送
29 Fermiの非同期テクスチャ転送
30 WebGLモデル:エンドツーエンド
31 リアルタイム テクスチャ圧縮によるゲーム中のビデオ キャプチャー
32 OpenGLフレンドリーなジオメトリ ファイル フォーマット、そのMayaエクスポーター

デバッグとプロファイリング
33 ARB_debug_output:絶望的な開発者のためのOpenGLの解決策
34 OpenGLタイマー クエリ
35 リアルタイム プロファイリング ツール
36 ブラウザ グラフィックスの分析と最適化
37 パフォーマンス ステート トラッキング
38 グラフィックス メモリ使用のモニタリング

ソフトウェア設計
39 ANGLEプロジェクト:Direct3D上のOpenGL ES 2.0実装
40 SceneJS:WebGLベースのシーン グラフ エンジン
41 SpiderGLの特徴と設計選択
42 Web上でのマルチモーダル インタラクティブ シミュレーション
43 OpenGL とOpenGL ESの使用へのサブセット アプローチ
44 ビルド症候群

OpenGL Insights 日本語版

OpenGL Insights 日本語版

14,040 円(税込)

あなたにオススメの商品

最近チェックした商品