Dive into the Houdinism/秋元 純一 氏
Procedural Modeling

参加受付中

満員御礼

受付終了

残席わずか!

参加費:10,800 円(税込)

開催日:2016/12/21(水)19:00 - 22:00

会場:東京都千代田区九段南1-5-5(ボーンデジタルセミナールーム)

申し込み締切り日:2016/12/20(火) 23:59

受付は終了しました

  • Facebook
  • twitter

【注意事項】
※受講票は受講日の2営業前までにご登録いただいたメールアドレスへお送りいたします
※受講票の送付はございませんので、当日は受講票を印刷、もしくは画面を受付にてご提示ください
※システムの都合上、決済する際に配送先を指定する必要がございます

講義の詳細

Houdiniで最も根幹にあるSOPに対する理解を深めます。
エフェクトのイメージが強いHoudiniが、実はSOPやVOPといったプロシージャルモデリングの思想に支えられていると言う事を、プロシージャルモデリングを通して再確認していきます。

講師の紹介

株式会社トランジスタ・スタジオ/取締役副社長
秋元 純一 氏

2006年に株式会社トランジスタ・スタジオに入社
専門学校時代よりHoudiniを使用し続けて現在ではCGWORLDにて「Houdini Cook Book」を連載中

カリキュラム

Intuition and Logic

SOPは基本的に論理的組み立てを必須としています。ただ、それだけでは面白みにかけます。近年のHoudiniでは直感的なモデリングの機能向上が図られており、それを利用しない手はありません。ただし、それは勿論SOPやVOPへのロジックに造詣が深い状態で初めて成り立つ部分もあります。それらのバランスをとってモデリングに挑むにはどうすればよいかを考察します。

Visualization

折角作成したモデルも、かっこよくアウトプットしなくては意味がありません。それにはShaderとRenderの知識が不可欠です。Houdinの中でも突き詰めるのが難しいジャンルでもあります。どのようにしてShaderを組んでいくか、そしてどの様にMantraを扱えば良いかを考察します。

Asset

Houdiniで最もスマートな設計といえば、Houdini Digital Assetが挙げられます。Houdiniを使って便利なツール群を増やしていくためにはどの様にすればよいか考察します。

対象者

・Houdiniをすでに触ったことがある人

開催概要

  • 開催日
  • 2016年12月21日(水)
  • 講義時間
  • 180分 ※休憩も含みます
  • 定員
  • 30人
  • ソフトウェア
  • Houdini
  • 講座スタイル
  • 講義
    ※ハンズオンではございません
  • 開催場所
  • 東京都千代田区九段南1-5-5(ボーンデジタルセミナールーム)(地図を見る)
  • 価格
  • 10,000円(税抜)

参加受付中の講座