Cinefex No.35 日本版

著者:Jody Duncan
編集:OXYBOT
発行・発売:株式会社 ボーンデジタル
ISBN:978-4-86246-180-3

価格:1,620 (税込)

数量:

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 Edge of Tomorrow
桜坂洋の小説を原作にしたダグ・ライマン監督の未来的戦争映画では、トム・クルーズ演じる
如才ない軍事広報担当官が地球外生物との戦闘の最前線に突然送り込まれ、何度も何度も同じ日を
繰り返し体験し、その都度死ぬという状況に陥る。極めて危険なエイリアン、未来的なフルメタルスーツ、武器、航空機などを作り出すために、ライマンはフレームストア社、シネサイト社、イメージワークス、MPC、ロデオFX社のVFXアーティストたちに協力を仰いだ。
SFXスーパーバイザーのドミニク・トゥーイーはセットで霧のエフェクトを指揮した。

『猿の惑星:新世紀 ライジング』 Dawn of the Planet of the Apes
マット・リーヴス監督が遺伝子操作で優れた知能を持つようになった猿のシーザーのストーリーの続きを描く。前作でシーザーは閉じ込められていた類人猿たちを自由へと導き、人間は世界的な流行病によって人口が激減した。本作では両者の生き残りたちが不安定な停戦への道を模索するが、地球の支配を巡って戦いが始まる。
VFXスーパーバイザーのダン・レモンとジョー・レッテリがSFXスーパーバイザーのマット・カッチャーとアレックス・ブルデット、ジ・アーロン・シムズ・カンパニー社、スペクトラム・エフェクツ社、バッファロー・デジタル社と協力して、再びウェタ・デジタルでパフォーマンス・キャプチャーによって猿人類の大群を生成した。

『X-MEN: フューチャー&パスト』 X-Men: Days of Future Past
ブライアン・シンガー監督がタイムトラベル・アドベンチャー作品で再びマーベルのX-Menシリーズを手がける。ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)が黙示録的未来から1973年の世界に戻り、まだ若い指導者のプロフェッサー・エグゼビア(ジェームズ・マカヴォイ)と宿敵マグニート(マイケル・ファスベンダー)と再会し、未来で繰り広げられるミュータントへの攻撃の元凶と戦うことになる。
VFXスーパーバイザー、リチャード・スタマーズとSFXスーパーバイザーのキャメロン・ワルドバウアーはレガシー・エフェクツ社、そしてMPC、デジタル・ドメイン、ライジング・サン・ピクチャーズ社、リズム&ヒューズ社、モッコ・スタジオズ社、フューエルVFX社、ヴィジョン・グローバル社、ザ・サード・フロアー社などのVFX制作会社と共にミュータントの騒乱を作り出した。

Cinefex No.35 日本版

Cinefex No.35 日本版

1,620 円(税込)

あなたにオススメの商品

最近チェックした商品